東登美ヶ丘の家
House in HIGASHITOMIGAOKA
東登美ケ丘の家|一級建築士事務所エヌアールエム|建築家|奈良

クライアントの要望である家相の概念を積極的に取り入れる事と、その概念を踏まえた上で新たな解釈での解法を導き出す事に挑戦した建築です。家相の概念は主に平面構成においてそのル-ルを形成している事に着目し、断面構成でその不自由さからくるデメリットを解決する特殊解としました。

東登美ケ丘の家|一級建築士事務所エヌアールエム|建築家|奈良

主となる2階の床から900ミリ浮き上がって挿入された中庭は、2階各諸室への採光や通風を促す役割以外に部分的に1.3層の吹き抜けとなった1階へも外光を導く役割を兼任しています。また、そこで形成された気積は上下階の気配を伝達する装置としても機能しています。

東登美ケ丘の家|一級建築士事務所エヌアールエム|建築家|奈良

外観上の形態は単純は構成を目指し、その実内部は複雑な構成を持つという二面性が、家相の概念を現代建築に内包するという行為を暗に示す建築となりました。また、西側に接道を持つこの建築のファサ-ドは可能な限り開口部を制約した構成とし、将来前庭に植えられる木々の陰を映し出す事により、その影自体が陽光と共に変容するデザインとなるよう白いキャンバスとなる事を意図しています。

東登美ケ丘の家|一級建築士事務所エヌアールエム|建築家|奈良

設計期間:2004年8月~05年5月 所在地:奈良県奈良市 用途:専用住宅 構造:木造 規模:地上2階 竣工年:2006年

東登美ケ丘の家|一級建築士事務所エヌアールエム|建築家|奈良

建築面積:73.44㎡ 延床面積:135.75㎡ 施工:株式会社 尾田組 キッチン:GLOBE inc. 写真:田中克昌

東登美ケ丘の家|一級建築士事務所エヌアールエム|建築家|奈良

東登美ケ丘の家|一級建築士事務所エヌアールエム|建築家|奈良

東登美ケ丘の家|一級建築士事務所エヌアールエム|建築家|奈良

東登美ケ丘の家|一級建築士事務所エヌアールエム|建築家|奈良

東登美ケ丘の家|一級建築士事務所エヌアールエム|建築家|奈良

東登美ケ丘の家|一級建築士事務所エヌアールエム|建築家|奈良

東登美ケ丘の家|一級建築士事務所エヌアールエム|建築家|奈良

東登美ケ丘の家|一級建築士事務所エヌアールエム|建築家|奈良

東登美ケ丘の家|一級建築士事務所エヌアールエム|建築家|奈良

東登美ケ丘の家|一級建築士事務所エヌアールエム|建築家|奈良

東登美ケ丘の家|一級建築士事務所エヌアールエム|建築家|奈良

  • Facebookの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル

© NRM Architects Office All Rights Reserved.