• S.Ninomiya

パリ旅行記 その12/グルメ編


連載の最後は「パリ旅行記 その12/グルメ編」です。

パリと言えばフランス、フランスと言えばフランス料理!…という事で、可能な限りフランス(での)料理を堪能してきたので時系列でご紹介したいと思います。

【初日】

初日/夕食

カフェ・ド・ラぺ(Cafe De La Paix)

ネットで「カフェ・ド・ラぺ」とググると、日本国内にも沢山の「カフェ・ド・ラぺ」がヒットしますが、こちらが本家本元。

パリへの到着が16:30、ホテルのチェックインが18:00くらいになると予想。そこから右も左も分からない土地で、長旅で疲れた状態でお店探しはつらいなぁ…と考え、日本からディナーコースを予約して行きました。

予約は海外旅行でいつもお世話になっているベルトラのウェブサイトから。一人80€とちょっと割高ですが、初日から食事難民になる事を考えると致し方ないと英断!

【レストラン予約】オペラ座に面する老舗レストラン「カフェ・ド・ラ・ぺ (Café de la Paix)」<ランチ/ディナー> *オペラ座エリア


因みに「カフェ・ド・ラぺ」はオペラ座(ガルニエ宮)と同じ建築家 シャルル・ガルニエが設計しています。


インテリアはこんな感じで・・・まぁ、コッテコテの例のやつですが、ナンチャッテではなく本物。流石に風格が有ります。

で、肝心のお料理。

申し込んだウェブサイトによると、ある程度決められたメニューの中から好きなものをチョイスするスタイル。前菜に「生ガキ6個」とあったので楽しみにしていたのですが、残念ながら季節柄か(8月上旬)生ガキは無し。仕方な「く生ハムの前菜」をチョイス。


はい、これが「生ハ:ムの前菜」。流石、本場パリの盛り付けという感じ。「どうやって食べんねん」が頭にいっぱいで、お味の方は記憶になし。


次にメイン。メインは「厚切りビーフステーキ、ポテト、マヨネーズベースのソース」をチョイス。焼き方はレア。テンコ盛りのジャガイモに農業国フランスのエスプリを感じた。で、お味の方ですが、ジャガイモは旨かった。お肉は…和牛の方が旨いと思いました(笑)。


最後はデザート。「カフェ・ド・ラ・ぺ、正統派オペラ」という名物らしいチョコレートケーキをチョイス。写真のように二つのケーキが出てきますが、これで一人分。高さはたばこの箱くらいあります。大変おいしいチョコレートケーキなのですが、二つもいらない。一つで十分。

とりあえずお腹いっぱいになってこの日は就寝。

【2日目】

2日目/朝食

カフェ・ド・ラぺ(Cafe De La Paix)

実は今回宿泊した「インターコンチネンタル パリ ル・グラン」に併設されているレストランが初日に夕食をとった「カフェ・ド・ラぺ」。そして、朝食会場も「カフェ・ド・ラぺ」なので、これから数日間毎朝「カフェ・ド・ラぺ」でご飯を食べる事になります。


朝食時の「カフェ・ド・ラぺ」はこんな感じ。バイキング形式です。宿泊客は日本人・中国人・欧米人が1/3くらいづつ。そのせいか、和食や中華も用意されていました。白ご飯やお味噌汁、梅干しや鮭の塩焼きもありました。白ご飯は米の種類がなんか違うのと、炊き上がったあとに混ぜて蒸らしていないので触感が微妙。お味噌汁も出汁が効いていなくて微妙。鮭の塩焼きが案外美味しくて、梅干しも普通に美味しかったです。


こんな感じでギャルソンがパンを切り分けてくれます。フランスはパンが美味しいと聞いていたので楽しみにしていたのですが、基本的に堅いんですね…。結局、比較的柔らかいクロワッサンばっかり食べてました。


フルーツ類も充実。

なんだか文句ばっかり言ってるようですが、基本的には美味しかったので誤解しないで下さい。

朝食を食べていよいよパリ観光開始。この日はベタベタの「おのぼりさんツアー」に一日費やします。

観光バスに乗り込み「オペラ座(車窓)」→「ルーブル美術館(車窓)」→「リボリ通り(車窓)」→「コンコルド広場(下車)」→「シャンゼリゼ通り(車窓)」→「凱旋門(車窓)」→「シャイヨ宮(下車)」→「アンヴァリッド(車窓)」→「ノートルダム大聖堂(車窓)」→「モンマントルの丘(下車)」→「サクレクール寺院(入場)」というコース。

午前中のツアーを終え一時解散。昼食付きのツアーではないので、昼食は各自でとる事になります。で、向かったのが集合場所のツアー会社にも近いという理由で選んだ「SANUKIYA」。

2日目/昼食

「SANUKIYA」

「SANUKIYA」。。。はい、うどん屋さんです。ローマでも二夜連続で和食を頂きましたが、パリでは観光一日目の、しかもお昼ごはんで既にもう和食という(笑)。でも、これには一応理由があって、海外の和食屋さんが正しく和食=日本の味を提供出来ているかに興味があるからなんです。


事前にネットで調べていたら、なかなかの人気店で昼も夜も行列と書いていました。この時点で12:00少し前。まだ行列にはなっていませんでしたが、昼食をすませ外に出ると10人くらいが並んでいました。

「SANUKIYA」のあるオペラ界隈は日本人街のようで、客層の1/3くらいは日本人(及び中・韓国人)、他が欧米人という印象。お店の人は殆ど日本人で、店内では日本語が飛び交っていました。勿論日本語のメニューもあります。


僕が頼んだのは「梅冷やしうどん」。写真がもう一つですが、日本で食べる讃岐うどんと全く遜色ありません。物凄く旨い!値段は確か12€くらい。

腹ごしらえも終わり、お昼からのツアーに向かいます。

お昼からはツアー会社に集合後、地下鉄に乗って「シテ島」→「セーヌ川クルーズ」→「ノートルダム大聖堂」というコース。

「ノートルダム大聖堂」を見学しここでツアーは終了。解散後、さらに徒歩で「パンテオン」に。で、夕食。

夕食は…「一風堂」。なんと2食連続で和食です(笑)。

2日目/夕食

「一風堂」(サンジェルマン店)


前述の「SANUKIYA」と違い、こちらの店員さんは全てフランス人。この日は(いつもなのかな?)一人だけ日本語が話せる方がおられ、その方がオーダーを取って下さいました。「カタ?」とか「バリカタ?」とか聞かれるのですが、なんせ相手はフランス人、思わず笑ってしまいました。

実は日本では「一風堂」にはほとんど行かないし、行ってもそれほど美味しいと思った事もなく、そしていっつも食べきれないのですが…なぜかこの「一風堂」(サンジェルマン店)のラーメンはメチャ旨い!そして完食。

パリでの「一風堂」は、フランス人にもとても評価が高いらしいのですが、こんなに美味しいのであれば当然と思えるほど美味しかったのでありました。

(残念ながら写真は撮り忘れました)

夕食を終え、ホテルに帰る道すがら「ルーヴル美術館」をチラ見。「ルーヴル美術館」は水曜日と金曜日は21:45まで開館しています。この日は水曜日。「ルーヴル美術館」は後日ガイド付きで訪れる予定なので、この日はサクッと下見。

2日目終了。ホテルに戻って就寝。

【3日目】

3日目/朝食

前出の「カフェ・ド・ラぺ」で朝食。

この日はパリ郊外のポワシーまで建築家 ル・コルビュジェ設計の「サヴォア邸」を視察に行き、午後にはパリ市内に戻る予定だったのですが、パリ市内とポワシーを繋ぐRER(高速郊外鉄道)の駅が謎の閉鎖。仕方なくメトロを乗り継ぎなんとか稼働しているRERの駅まで移動…という予期せぬ出来事の為、予定を大幅にオーバー。ポワシーについたのがお昼前となってしまったので、ポワシーの駅中にあるカフェで昼食をとる事にしました。

3日目/昼食

店名不明


店内はこんな感じ。勿論日本語は通じ無さそうなので、片言の英語とジェスチャーでオーダーにチャレンジ。

店員さん 「食べるの?それともお茶するだけ?」

僕 「食べます!」

店員さん 「何食べる?肉?魚?」

僕 「肉!」

店員さん 「じゃあランチメニューのハンバーガーで良いね?」

僕 「ハンバーガー…!ウイ!ウイ!」


で、出てきたハンバーガーがこれ。肉汁たっぷりのとっても美味しいハンバーガーでした。フライドポテトも旨い。

そして無事「サヴォア邸」を視察してパリ市内へ。

パリ市内に戻り「グラン・ダルシュ」→「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」と視察して夕食。

この日の夕食は再びフランス料理!しかもエッフェル塔の中にあるレストランからパリの街を見下ろしながらのディナーです!

3日目/夕食

「58 トゥール・エッフェル(58 Tour Eiffel)」

エッフェル塔に登るには長い行列に並ばなければならないのですが、レストランの予約をしていると優先入場で待つことなくエレベーターに乗れるのでお得です。

予約は勿論ベルトラで↓↓↓

【レストラン予約】エッフェル塔・展望レストラン「58 トゥール・エッフェル(58 Tour Eiffel)」<ディナー> *エッフェル塔エリア




いくつかコースがあるのですが、僕たちが選んだのは「プレジール(Plaisir)メニュー」99€。これまた高い気がしますが、エッフェル塔の入場料も込みだし、に並ばずに登れる事を考えれば許容範囲だと思いました。


エッフェル塔に2か所ある展望台の、下の方の展望台に「58 トゥール エッフェル」はあります。

ここは日本語のメニューが用意されていて、前菜・メイン・デザートのカテゴリーから好きなものをチョイスするパターン。ミールクーポンって便利!


前菜「フォアグラとイチジク、ココアバルサミコ酢 ブリオッシュのトースト」。美味しいんだけど、フォアグラを甘いソースで食べなれていない(というか、そもそもフォアグラ自体食べなれていない)ので、「こんなもんかな~」という印象。


メイン「軽く焼いた鯛のステーキ 季節のお野菜とニョッキ」。普通に美味しかったですが、特に可もなく不可もなく。フランスでは鯛を良く食べるのですね。


デザート…甘かったです。間に挟まっているアイスクリームだけ頂きました。


相方の頼んだデザート。この長いお菓子でクリームをサンドした盛り付け方(?)、日本ではあまり見かけない盛り付け方(?)ですが、パリでは他店でも良くみかけました。ポピュラーなんでしょうね。美味しかったようで相方は完食していました。

食事を終え、夕暮れ時のパリの街並みを楽しみながらホテルへ。この日の視察は終了。就寝。

【4日目】

4日目/朝食

例によって「カフェ・ド・ラぺ」で朝食。

この日は朝からガイドさん(日本語)の説明を聞きながら「ルーヴル美術館」を見学するツアーに参加。美術館近くの集合場所に集まり、徒歩で美術館に移動。

道すがらガイドさんに「『ルーヴル美術館』は初めてですか?」と聞かれたので、「いえ、一昨日来ました」というとガイドさん腰砕け。嘘でも「初めてです!」って言った方が良かったかなと反省。

ガイドさんの説明を聞きながら効率よく美術館を鑑賞。個人で鑑賞すると見落としがちな事も、ガイドさんの懇切丁寧な説明を聞きながらだと理解も深まります。

そして昼食。このツアーは昼食付き。しかも「ルーヴル美術館」の中にあるレストランでの昼食です!

4日目/昼食

「カフェ・リシュリュー」

「カフェ・リシュリー」は「有名老舗サロン・ド・テのアンジェリーナの運営」との事で、あんまり良くわからないですが、まぁ、「ルーヴル美術館」の中に出店できるくらいですからちゃんとしたお店なのだと思います。

このツアーの予約も勿論ベルトラ↓↓↓

ルーブル美術館1日観光☆アンジェリーナのランチクーポン付き<日本語ガイド/昼食付> by [みゅう]


お値段は95€とまたまた高めですが、「ルーヴル美術館」の入場料と日本語によるガイド付きで昼食までついていると考えるとお得なんじゃないでしょうか。


レストランからガラスのピラミッドが!…なんという贅沢な空間での昼食。


ランチなので前菜はなくいきなりメインの「鯛のバタークリームソース」。皮を食べるのか否か悩んだあげく、皮は残す事に。美味しゅう御座いましたが、バターがしつこい(笑)。


デザートはこの店の名物「モンブラン」。しかし、僕も相方も「モンブラン」が苦手という状況。一応頑張って食べてみたのですが、8割がた残す結果に。相方に至っては外側の「栗部分」を引っぺがし、中のクリームだけ食べるという始末。。。お店の人、ホンマごめんなさい。

昼食を終え美術館を出ると、次の目的地ル・コルビュジェ設計の「ラ・ロッシュ・ジャンヌレ邸」に地下鉄で向かいます。この頃になると、最初はオッカナビックリだったパリの地下鉄も慣れたもんです。