• S.Ninomiya

断熱屋の仁義無き戦い


最近「外断熱」についての質問を受ける機会が多いので、あらためて外断熱についての勉強をしてみました。教材は「『いい家』が欲しい」(著:松井修三)と「外断熱が危ない!」(著:西方見里)。

前者は「外断熱」推進派で後者はアンチ派という図式。読み比べて思った感想は「『いい家』が欲しい」の著者は外断熱屋のオヤジで、それを普及させる為に必死なんやなぁ・・・という事。

「外断熱」の有効性については理論上納得できる事も多く、完全否定するつもりはないのですが、内容があまりにも盲信(妄信?)的過ぎて、読んでると引いてしまいます。「外断熱」こそが最高最強の断熱方法で他はダメというスタンス。セルロ-スファイバ-屋のオヤジを初め、商売敵をことごとく名指しで非難しているくだりは爆笑ものです。

昔「ノストラダムス」本を読み漁った事があるのですが、それらと同類のカルト制を感じました。対して「外断熱が危ない!」の著者は主に寒冷地で設計活動をされている建築家の方。客観的な視点から詳しいデ-タをまじえ、理論的に「外断熱」盲信の危険性を解説してます。数字を見せられても僕には意味不明な事も多いのですが、基本的には「外断熱」を完全否定しているのではなく、「外断熱」も含め状況に合わせて断熱工法を使い分けるのが良いというスタンス。

「『いい家』が欲しい」の引用文を多用して、その問題点をことごとく論破しています。優劣を付ける話ではないと思うのですが、明らかに「外断熱が危ない!」に分がありそう。んで、是非とも「『いい家』が欲しい」にリベンジ本を書いて欲しいと思っていたら・・・出てました(笑)。 タイトルは「さらに『いい家』を求めて」(!)。今回は久保田紀子という方が執筆しておられます。選手交代で巻き返しをはかる模様です。・・・ん~読んでみたい!ともあれ、「外断熱」工法フランチャイズ加盟店の皆様方の命運を祈ります。

#建築 #その他 #一級建築士事務所エヌアールエム #断熱

2回の閲覧
  • Facebookの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル

© NRM Architects Office All Rights Reserved.